上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
このコーナーでは、舟木さんの歌にその当時聞いたりしていた曲が思い出として心に残っていませんか?
私も思い出の曲がたくさんあります。他の人は一体どんな思い出があるんだろうと興味を持ち始めたのが
このコーナーを作ったキッカケです。歌にドラマありですよね。
今回はそんな思い出の曲とエピソードを皆さんの投稿募集しております。
スポンサーサイト
2008.03.22 Sat l 思い出の歌 l COM(9) TB(0) l top ▲

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.04.13 Thu l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016.04.15 Fri l . l 編集
哀愁の夜
私は社会人になってから銀座の街で働き、遊びも何もかも銀座で過ごした。だから恋愛も殆ど銀座でしたでも、銀座の恋の物語は歌いません。二人の銀座も歌いません。二十代、三十代四十代と、私は結婚しないまま、何人もの女性と付き合う。決して美男子でない私でも美人と縁があるから人生は不思議であり、また楽しいのである。並木通りに会社があるから、西銀座より中央通りや東銀座で遊ぶ事が多く、二十代、三十代の頃は夜更けの銀座の街を歩いた。五十を過ぎて、新橋演舞場を出て、東銀座の街中を歩くと頭の何処からか口笛が流れ、哀愁の夜の三番を口づさむ。君と歩いた道に一人たたずむ哀愁の夜青春の想い出が心を熱くする。毎年演舞場に何回も足を運び、夜の部が終わり銀中通りに出ると私は哀愁の夜の世界に入る。ただ街の風景は変わった。演舞場の周りはお茶屋さんばかりで、人力車が何台も走っていた。演舞場自体がビルになってから、お茶屋さんが少なくなり、ビル街になって昔の情緒が無くなった。それでも名残の東銀座の通りは、私の中で哀愁の夜の歌が流れます。私の心の中で哀愁の夜が流れるのは、銀座の街。京都の街。大阪の街。それは、中学、高校を大阪。大学を京都で過ごしたから。
2008.10.15 Wed l 龍門 健太郎. URL l 編集
北国の街
北国の街は私が中学三年の時にヒットし、同名の映画も大好評でした。映画の舞台は長野県の飯山市が中心で、飯山線の冬の風景が懐かしい。映画の公開は40年でした。その五年後から大学時代の私は社会人になってからも飯山市戸狩のスキー場に何回も行きましたその時は、飯山や戸狩が北国の街の映画の舞台になった事を忘れていました。舟木さんの三十周年から過去の映画作品のビデオが発売され全作品を揃えた。北国の街を見て映画のストーリーの懐かしさと、飯山や戸狩の駅が懐かしかった。我が青春時代に行った風景が北国の街の映画で蘇る。戸狩の駅が青春時代の時と全く同じで、大学時代に映画の事に気が付かなかった。改めて映画を何回も見て、北国の街がヒットした頃の高校受験で毎日勉強に明け暮れた日々、大学時代は飯山線に乗って戸狩へスキーに行った頃、懐かしく懐かしく思い出されます。北国の街のΒ面のはやぶさの歌が映画の中で流れる。北国の街は曲も映画も素晴らしい作品です。
2008.09.25 Thu l 藤原朝臣健仁. URL l 編集
青年の詩
70年安保の中、大学時代の私は紛争の毎日。何度も留置所に入る。鉄格子の中で青年の詩を歌い涙ぐんだ。我が青春の暗い部分であるそのあと舟木氏の不幸。私も暗黒の頃。あれから舟木さんは青年の詩は歌わない舟木ファンもこの曲はあまり知らないと思う。私も歌わないが、一言一言はっきり覚えている。男性のファンは舟木さんと男同士の気脈を感じるから46年応援出来ます。舟木一夫は気のいい男です。舟木一夫は素晴らしい流行歌手です。
2008.09.22 Mon l 西園寺公彦. URL l 編集
No title
日活の映画とは趣きを異にして、芸術性の高い
映画で1部ミュージカル的なところもあり、不思議な作品でした。舟木と内藤洋子が、北海道の日高の海岸で昆布採りをしてる場面が印象的でした。
曲もそれまでのとは違って、格調高いもので、素晴らしかったですね。
2008.04.15 Tue l その人は昔. URL l 編集
衛門七 討ち入り
 
舟木さんの、赤穂浪士、矢頭衛門七を見てから、歴史に興味をもつようになりました。

「衛門七 討ち入り」この曲も、大好きで、学校から帰って、何度もレコードを聴き、覚えました。
でも、カラオケにもなく、コンサートでも、あまり、歌ってくださいません。
是非、もう一度、聴きたいものです。
2008.04.02 Wed l 千姫. URL l 編集
雨の中に消えて
遠い昔 舟木さんのりりしい姿が 忘れられません。そして松原智恵子さんさんとの楽しい早口テンポの恋人になり そして恋人になってから別れまで。すごく心に残っています。わたしの心の片隅に残る楽しい映画です。又見たいな。
2008.03.22 Sat l 大阪のレイさん. URL l 編集
学園広場
高校三年生は、私が、まだ小学生で、映画を見ることはできませんでした。やっと、見れたのが、「学園広場」でした。学園広場のような、高校生活を夢みていましたが・・・高校生になったとたん、、軍隊のような、寮生活がはじまりました。一生のうちで、一番つらい高校生活になってしまいました。でも、今、34年すぎて、高校同期のHPができ、高校時代、話もしたことのなかった人と友になり、青春を楽しんでいます。今、まさに、私の「学園広場」です。<BR>
2008.03.22 Sat l いい風ふかそ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://jiraiya2710.blog74.fc2.com/tb.php/1-256ac5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。